乙月あやめの日々是好日

秋田で日本赤十字献血サポーター企業の代表をしている占い師、乙月あやめのブログです。時たま(本業の)魔女としての話も書くかもしれません。

★様々な占い★①

★占いって当たるの?★では、タロットカードを例にしましたが、他にもたくさんあります。

占星術、手相、易、水晶球、ダウジング、ルーン等...。

一度は見たり聞いたりしたことのあるものばかりだと思います。

これらの違いは占い方だけでなく、東洋か西洋かの2つにも分けることができます。(東洋といえば手相や易をイメージされる方も多いと思いますが、西洋にも手相占いがあります)

占い方は知りたい内容によって使い分けることもできます。


ここでは西洋の占いをメインにご紹介します。


◆カード占い◆
カード占いには一般に「トランプ」「タロット」占いのことをさします。
特にトランプは魔女の占い道具としてよく使われていました。
タロットもトランプも基本的には近い未来のことや現在の隠れた秘密などのことを見るのにとても有効な占い方法です。


〇タロットカード

タロットカードの起源ははっきりとわかっていませんが、1377年ドイツ僧のヨハネスが「タロットカードらしきカード」が輸入されたと記録を残しています。
現存している最も古いタロットカードは1392年に作られたジャックマン・グランゴヌール版です。これはシャルル6世が宮廷画家に描かせたもので、パリの国立図書館に所蔵されています。
このカードは現在主流になっているウェイト版のようにすべてが絵札ではなく、絵札と数札のデッキのようです。
グランゴヌール作の別セットのタロットが存在しますが、タロットはグランゴヌールのオリジナルの作品というわけではなく、シャルル6世に「模写して描け」と指示されたという記録が残されています。
このグランゴヌール版のもとになったものが何なのかははっきりとした記述がなくわかっていません。

★ウェイト版あれこれ①②③★ウェイト版の紹介はこちら

 

 

〇トランプ占い

占い道具としては最も人の手に触れられているのがトランプといえるでしょう。このトランプでも占いができます。
実はこのトランプ発祥についてもよくわかっていません。中国やインド、エジプトで生まれたのではないかと言われていて、13世紀に中東へ、19世紀にはヨーロッパで大ブームになりました。

ハート、スペード、ダイヤ、クラブのマークをスートといい、暗示されているものがあり、カード1枚1枚が意味を持っています。

ちなみにこのトランプという呼び名は外国人がゲーム中に「Trump!切り札!」と叫んだのを日本人が聞いて、「トランプ」と日本では呼ばれるようになったそうです。

 

 

②へ続く...