乙月あやめの日々是好日

秋田で日本赤十字献血サポーター企業の代表をしている占い師、乙月あやめのブログです。時たま(本業の)魔女としての話も書くかもしれません。

あきたこまち

f:id:ayame-otozuki:20180809203921j:plain

先日あきたこまちを頂きました。
今日はお米に関する話題を書きたいと思います。

秋田県のお米といえば「あきたこまち」が有名ですが、あきたこまち

平成天皇即位の礼大嘗祭で献上されたお米

です。

大嘗祭(おおなめさい又はだいじょうさい)というのは、天皇が即位された直後、最初に行われる一世一代の新嘗祭(にいなめさい又はしんじょうさい)のことです。
新嘗祭…収穫を祝う行事

この大嘗祭では京都から見て東の「悠紀田」と西の「主基田」が「亀卜」という占いによって決定し、そこで採れた新穀を献上し、天皇自らが食されます。

占いで東の「悠紀田」に選ばれたのが秋田県五城目町でした。

五城目町は「悠紀の国」と呼ばれ「五城目産のあきたこまち」が献上され、このことで「あきたこまち」は一躍全国区で有名になったそうです。

あきたこまちなくして平成は始まらなかったかもしれません。


平成の終わりをあきたこまちと共にかみしめて過ごしたいな、と思いました。